ディズニーリゾートに持っていくと便利なもの・いらないものを事前にチェック!

ディズニー攻略情報管理人のウォルニーです☆

いつもご覧頂きありがとうございます。

休みの日はもちろん、大型連休などディズニー好きにはたまりません!

より楽しく過ごす為には、準備万全でいきたいですよね!?

今回は、ディズニーリゾートに遊びにいく際に持っていくと良いものや逆に必要のないものをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク


ディズニーリゾートに持っていくと便利なもの

ディズニー持っていくべきもの

ハンカチ、タオル、ティッシュ類

パークでは水に濡れるアトラクションがいくつかあるので、濡れたときに拭けるようハンカチタオルなどを用意しておくといいでしょう。

ペットボトル

パーク内でも購入できますが、200円程度と、少し値段が高いので、あらかじめ他の場所で事前に購入しておいた方がよいです。

ジップロック、ビニール袋類

これは隠れた便利アイテムで、是非持っておきたいものです。

パーク内で購入したポップコーンや食べ歩き様のフードなどを、ジップロックに入れておくと、チャック式なのでこぼれる心配もなく、かばんにいれて持ち歩けます。

他にも、濡れた雨具や服を入れたり、ゴミが出た場合などは入れておいたりと様々な活用ができるので何枚か持参しておくとよいでしょう。

日差しをよけるもの、日焼け止め、扇子など(夏)

カイロ、手袋、マフラーなど(冬)

それぞれパークを訪れる季節に合ったものも必要です。とはいってもあれこれ持ちすぎると、荷物が大きくなり身動きが取りにくくなるので本当に必要なものか厳選しましょう。

例えば絶対に日焼けしたくない人は日傘が必要ですが、身軽に遊びたいと言う人は日焼け止めだけにしておくなど、自分にあったものを考えましょう。

羽織りもの

シャツやパーカー・カーディガンなど脱ぎ着しやすい羽織りものがあった方が良いです。

春夏は日中あたたかくても夜冷え込むことがあります。

また、秋冬では、寒さが厳しくなってきたときに、防寒具の下にもう一枚重ね着として利用できるのでとても便利です。

レジャーシート、ブランケット

パレードやショーは絶対みたいと言うならレジャーシートは必須です。

快適にパレードやショー待ち時間に食事をしたり、靴を脱いで見ることができるので、ずっと快適になります。

スポンサードリンク


ディズニーリゾートにはいらないもの

ディズニー いらないもの

先ほど述べた「いるもの」がいらないものになるときがあります。

例えばパークでの予定は、アトラクションに乗ることがメインで、座って長い時間待つショーやパレードを見る予定がないという場合はレジャーシートなどは必要ありません。

 

また抽選制のショーなどの場合は、見たいと思っていても当選しなければ、不要になってしまいます。

また、天気がはっきりしない時は雨具を持っていくか悩むところですが、これももし天候が回復したら不要になってしまうもの。

現地ではさまざまな種類の雨具が用意されているので、はっきりと決められない時は現地で調達するのもお勧めです。

 

まとめ

ディズニー役に立つもの

私自身は、ジップロックレジャーシートはおりものは必ず持参するようにしています。

また以前、夕方から急に冷え込んでしまい、寒さでアトラクションに乗るどころではなくなってしまったことがあるので、冬場は発熱効果のある薄手のインナーを持っていきます。かさばらず、温かいのでとてもお勧めです。持っていきたいけどかさばる重いものや、おみやげで手がふさがってしまった場合などは園内のコインロッカーを利用するようにしています。

 

ディズニー豆知識な情報!

>> ミラコスタを予約するキャンセル待ちを利用した裏ワザやコツ

>> ディズニー引き換えなしのチケットとは?手に入るコンビニはどこ?

>> ディズニーランドの喫煙所が減った!?マップをご紹介!

スポンサードリンク

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

ディズニー攻略では、おすすめの最新情報を随時更新しております。

もし、気に入っていただけましたら気軽にいいねやRTでの拡散をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ