ホーンデットマンションの仕組みは?隠れミッキーはここ!

ディズニー攻略情報管理人のウォルニーです☆

ホーンテッドマンションの仕組み隠れミッキーについて詳しくまとめています。

スポンサードリンク


①伸びる部屋の仕組み

ホーンデットマンション 仕組み 隠れミッキー
出典:www.youtube.com

 

東京ディズニーランドの大人気ホラー系アトラクション「ホーンテッドマンション」は椅子型のライドに乗る前に、まず、どんどん恐ろしく変化していく屋敷の主人の肖像画を見た後、問題の八角形の部屋に案内されます。

この八角形の部屋の壁には4枚肖像画かけられており、案内人ゴーストホストの「この不思議な気配を諸君は感じただろうか。部屋が伸びているのか、それとも諸君の目の錯覚なのか。よく見るがいい」のセリフとともに壁の肖像画が少しずつ伸びていき、伸びていくにつれ、徐々に隠されていた絵の全体が見えてくるというもの。

一体、伸びる部屋のトリックはどのような仕組みとなっているのでしょうか。

答えは「天井が伸びている」です。

伸びることで隠れていた絵の下の部分が見えてくるのです。

肖像画のフチが伸びるのは、肖像画の上下のフチは本物で、左右のフチは木の様に見えるトリックアートで描かれているからです。

フチも天井が伸びていて、ただ隠れている部分が徐々に見えていっただけなのです。

スポンサードリンク


 

②舞踏会の亡霊達の仕組み

ホーンデットマンション 仕組み 隠れミッキー
出典:matome.naver.jp

 

沢山の亡霊が舞踏会を楽しんでいる様子が見えますが、彼らは半透明で、現れたり消えたりします。

このトリックは「ペッパーズ・ゴースト」というものです。

たとえば薄暗いときに外からガラスを通して家の中を見ると、家の中を見ることができますが、自分の顔をライトなどで照らすと、自分の顔しか見えない、という現象を利用したものです。

ホーンテッドマンションで私たちの乗るライドは、三階層あるうちの二階の部分を通過し、その下の階で亡霊があらわれたり消えたりするのですが、まず私たちと舞踏会の会場の間にはガラスがはめ込まれています。

そしてそのすぐ上の階と下の階に、様々な亡霊の人形を置いておきます。

その人形を照らすライトをつけたり消したりすることによって、さっきのたとえのような現象が起きるので、私たちの目には亡霊がいきなり浮かびあがったり、いきなり消えたりするように見えるというわけです。

 

③隠れミッキーの場所

ホーンデットマンション 仕組み 隠れミッキー
出典:www.geocities.jp

 

ホーンテッドマンションには、通常の隠れミッキーだけではなく、期間限定でしか見られないものや、隠れドナルドを見つけることができます。

まずは屋敷の入り口にある扉の両側にかかっているリースの左側を下から覗き込んでみると発見できます。

 

もう一つは待機の列が始まるところに屋根があるのですが、そこの屋根から垂れ下がっている幕にあります。

これはハロウィンナイトメアバージョンの時にしか見ることができないので、とっても貴重ですね。

そして、ライドに乗ってしばらく進むと、右側に本がたくさん並んでいる図書室が出てきます。

この左端下にはテーブルと椅子が置かれているのですが、その椅子の「背もたれの模様」が実はドナルドになっています。

期間限定のミッキーや珍しいドナルド、ぜひ現地で見つけてみてはいかがでしょう。

 

こちらのディズニー情報もおすすめ

>>ディズニーカリブの海賊ストーリーは?レストラン&隠れミッキー情報

>>ディズニーシー海底二万マイルあらすじや仕組み!隠れミッキーも!

>>レイジングスピリッツのストーリーや怖さを紹介!隠れミッキー情報も

>>ディズニーシーのトイストーリーマニアの隠れミッキーを探せ!

>>トムソーヤ島の隠れミッキーは葉っぱ?財宝や宝物の地図って?

スポンサードリンク

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

ディズニー攻略情報では、ウォルニーが気になった情報や旬な情報をお届けしていきます。

ディズニーの裏情報まで公開しているので、フェイスブックで共有していただけると幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ